料理にまつわるプロへの第一歩【専門学校ナビゲーション】

料理人

プロを目指す

学校選びも大切

料理人

料理は無限大と言われるように、料理という一言では言い表せない程数多くの料理があります。日本独特の和食や海外からやってきた洋食、加えて隣国から参入してきた中華とあらゆるジャンルがあります。こうした料理を直接つくる調理師以外にも、フードコーディネーターや栄養士など飲食の仕事は様々です。料理にまつわる仕事をしたいのであれば、専門的な知識を身につける必要があります。専門学校などに通いながら学習を続けていくのが一般的となっており、今では料理について学ぶことができる専門学校も数多く誕生しています。調理を専門とした専門学校から、お菓子づくりのパティシエを目指せる専門学校、栄養士などを目指す専門学校と様々なので、自分が目指す将来に一歩でも近づける専門学校を選ぶのが大切です。

様々な入試方法がある

料理の専門学校に通う場合、大学受験同様で試験を受ける必要があります。試験の内容や方法は専門学校によって変わってきますが、筆記や面接によって試験をする一般試験から、学校推薦で入試を受ける推薦入試、自己アピールで受験合格を目指す自己推薦などがあります。自己推薦の場合は、自分の作品をアピールする必要があるので、ある程度料理に関する知識を身につけておくことが重要なポイントでしょう。自己推薦や学校推薦の場合、料理について専門的に学べる学校に通っている人が受験する傾向にあります。専門学校の規模や学科の数によって、合格定員が設けられていることがほとんどです。

パティシエを目指す

料理人

昔から料理の仕事で人気となっているのがパティシエの仕事で、多くの専門学校でもパティシエについてのカリキュラムは用意されています。特に有名なパティシエを輩出している学校などは人気があります。

Read More...

コーディネーターも人気

料理人

料理に関する仕事の中でも人気となっているのがフードコーディネーターと呼ばれる仕事になります。専門学校で食全般の知識を身につける必要がありますが、幅広いシーンで活躍が期待できます。

Read More...

就職サポートをチェック

料理人

料理の専門学校を選ぶときには、就職サポートの制度をチェックしておくことも大切です。専門学校によって、サポート体制が違ううえ、希望の仕事に就く為にも重要な部分なのでチェックは欠かせません。

Read More...